精神病か心配なら診断を受けよう【早めに病院で診断】

種類や症状の特徴を確認

看護師

自分を守る為に病院を利用

精神病といっても日本国内だけでなく世界中で患者数が増えているうつ病や、若い人の発症率が高い統合失調症、強迫性障害など種類は様々です。精神病を発症しているかどうかを判断するためには、医師による診断など必要な検査を受ける必要があります。多くの人が精神病と聞いてまずイメージするうつ病は、気持ちが落ち込んだり疲労感が続いたりして、眠れないと言った症状が特徴的です。ただ、一概にこのような症状が起こるとは言えず、最近増えている新型の場合は従来型のうつ病とは全く異なる症状が現れます。統合失調症は脳の働きをまとめることができなくなり、発症する病気で主な症状は幻覚や幻聴、妄想で100人に1人の割合で発症するようです。強迫性障害とは強い不安やこだわりによって日常生活を送るのが困難になる病気で、肌荒れするほど手を洗ったり、何度も鍵をかけたか確認したりするなどの症状が特徴として挙げられます。他にも双極性障害や適応障害などいくつも精神病はあり、診断を受けて適切な治療を受けるということが大切です。気持ちが落ち込む、または幻聴や幻覚といった症状に悩まされているなら、まずは精神科や心療内科のある病院を受診しましょう。精神科や心療内科であれば精神病かどうかの診断をしてくれますし、精神病の種類に合わせて適切な治療を提案してくれます。なぜ、気持ちが落ち込むのか幻聴などの症状があるのか、診断を受けて病名が分かっただけでも患者さんにとっては一安心できる材料となります。病院を受診するのは治療を受けるというのはもちろん、周囲とのトラブルを軽減し、自分を守るというためにも必要なことです。精神病の種類によっては家族や友人、職場の上司や同僚といった身近な人とトラブルを起こしてしまうケースも少なくありません。また高額なローンを組んだり、何の計画も無いのに企業したりするなど周囲の人が考えもよらない行動を起こす場合もあります。そして、うつ病のように自傷行為をしたり自殺願望が強くなったりするような精神病の場合は、自分の命を自分で経ってしまう危険性さえあります。このようなリスクや危険を回避するためにも、まずは病院を受診して医師に診断してもらうということが必要なのです。

Copyright© 2018 精神病か心配なら診断を受けよう【早めに病院で診断】 All Rights Reserved.