精神病か心配なら診断を受けよう【早めに病院で診断】

症状に合わせた薬を処方

診察

病気の種類を知っておこう

現代社会は学校や職場、家庭などでもストレスを感じることが多いですし、大切な家族との生死別や失業、リストラ、金銭問題、介護などが原因で精神病に罹る人が増加しています。代表的な精神病にはうつ病や双極性障害、統合失調症などがありますが、それぞれの病気の症状や特徴などに違いがあります。精神神経科の病院やクリニックでは、医師によるカウンセリングや家族の話、悩んでいる症状などから判断をして診断をすることが多いです。統合失調症は100人に1人が罹ると言われており、言動にまとまりが無くなったり、幻覚や幻聴、精神的なイライラや不安感などの症状が見られたりすることが多いです。統合失調症は完治をするのが難しい病気ですが、現代は優れた医薬品が開発されているので、通院による治療が可能になっていますし、寛解した状態を長く維持している人も増加しています。統合失調症や双極性障害、うつ病などの精神病が診断されると、本人はもちろん、家族も不安を感じている人が多いですが、適切な治療を受けることで社会復帰も可能です。うつ病は憂鬱な気分が長く続いたり、精神的に緊張をしたり、不安を感じることも多く、午前中は気分が優れず、午後になると少し回復することが多いです。うつ病は統合失調症とは違い、妄想や幻聴などの症状は出ないのが特徴です。うつ病は人格障害などがないため、統合失調症とは全く違う病気です。双極性障害はうつ状態と躁状態を繰り返す精神病ですが、現代は増加傾向にあります。双極性障害は一般的なうつ病の症状が見られますが、躁状態になるとハイテンションになり、話しだすと止まらなくなったり、あまり眠っていなくても疲労感を感じにくく活動が活発になったりするなどの変化があります。双極性障害は辛い症状で悩んでいる人が多いですが、精神神経科の病院やクリニックで、精神療法を受けたり、認知行動療法などを受けたりすることで改善することも多いです。精神病はストレスが多い環境にあると、再発がしやすいので病気が診断されたら、十分な休息や睡眠を取ることも大事です。病気が診断されると内服薬を処方してくれるので、根気よく続けることが大事です。

Copyright© 2018 精神病か心配なら診断を受けよう【早めに病院で診断】 All Rights Reserved.